martes, julio 27, 2021

My name is tefy.

This is my story with sex: I am an ordinary girl, I could be your next door neighbor, but I have a confession to make: my first orgasm was at 25 and, during the previous years, I systematically faked pleasure every time that I had relationships. My first time was at 17, I was very curious like any teenager, but also guilt and fear. Fortunately, there was no trauma or abuse here. My difficulty had to do exclusively with the education I received, the model of what a good girl had to be: good girls don’t go around experimenting, they don’t fuck before they get married. I did it and felt terribly guilty. It may seem like a thing of the last century, but there are still families where sex is taboo and that was my case. Of course, I was very ashamed not to cum and I hid it, I did not talk about it with anyone. At first, I blamed my inexperience and that of my partner, I thought that as we had more practice, the orgasm was going to come on its own, but it did not happen. Afterwards, I thought that when I could become independent and make my life without being accountable to anyone, I would be able to truly feel free and experience pleasure, but it didn’t happen either. Finally, I decided to start therapy with a sexologist and talk frankly about all that pressure and expectations, and the orgasm came to an end. In this blog, I want to share my story with sex to help other people who are going through for the same difficulties that I had and also as part of my change of attitude. I don’t want to hide my wishes anymore. Sex is good, sex is healthy, and most important of all, it is never too late to learn to experience pleasure.

This is my story with sex.

Do you like what I write and want to help me?

Featured erotic stories

NEW STORIES

セックスとのバイオマイストーリー-Tefy

バイオ私のセックスの話:私は普通の女の子です、あなたの隣人になることができますが、私は告白する必要があります:私の最初のオルガスムは25歳で、過去数年間、私は毎回体系的に喜びを偽造しました。関係。 セックスに関する私の話:初めて17歳のとき、他の10代の若者と同じように非常に興味がありましたが、罪悪感と恐怖もありました。幸いなことに、ここにはトラウマや虐待はありませんでした。私の難しさは、私が受けた教育、つまり良い女の子がどうあるべきかというモデルにのみ関係していました。良い女の子は実験を回ったり、結婚する前に性交したりしません。私はそれをしました、そして私は私がひどく罪悪感を感じたと感じました。前世紀のことのように思えるかもしれませんが、セックスがタブーである家族がまだあり、それが私の場合でした。 もちろん、終わらせないのはとても恥ずかしくて隠してしまい、誰とも話しませんでした。最初、私は自分の経験不足とパートナーの経験不足を非難しました。練習を重ねるにつれて、オルガスムは自然に起こるだろうと思いましたが、それは起こりませんでした。その後、誰にも責任を負わずに自立して人生を送ることができれば、本当に気軽に楽しく過ごせると思いましたが、そうはいきませんでした。 最後に、私は性科学者と一緒に治療を開始し、そのすべてのプレッシャーと期待について率直に話すことにしました、そして彼は終わりました。 このブログでは、私と同じ困難を経験している他の人々を助けるために、また私の態度の変化の一部として、自己認識と性的実験の私の話を共有したいと思います。 もう願いを隠したくない。 セックスは良いです、セックスは健康です、そして何よりも重要なのは、喜びを体験することを学ぶのに遅すぎることは決してありません。 あなたが私のコンテンツが好きで、私を助けたいなら:https://paypal.me/tefyratos

私自身のタブーと偏見を打ち破る

性科学者との最初のセッションは私にとって非常に不快でした。 電車に乗ってオフィスに行くと、不安感が体に伝わりました。この治療法に直面することは、自分が本当に誠実で、最悪の恐怖に立ち向かうことをいとわない場合にのみ意味があることを知っていたからです。オルガスムを経験したことがなく、彼女はそれについて多くの人々に嘘をついた… 私自身のタブーと偏見を打ち破る:これは私に深い恥を引き起こしました、それは私の警戒を下げ、露出され、私がそうであったように自分自身を示すことを意味しました。私は長い間ふりをしていて、それが私にとってセックスのすべてであることに慣れてしまいました。基本的には、喜びが私のカードにないという事実に自分自身を辞任するようになったからです。私にとって、私は異常または極寒の時期でした。 性科学者にこう言ったとき、泣かずにはいられませんでした。最初に感じたのは、まるで大きなおもりが肩から持ち上げられたかのように、たくさんの安堵感でした。彼女は私が一人ではないこと、私に起こったことは私が思っていたよりもはるかに一般的であり、人が極度の麻痺を起こさない限り、私が喜びを楽しむための身体的障害はないことを私に保証しました。 すべてが私の頭の中にあり、欲望はそこにありましたが、休眠していて、それを目覚めさせるために家族の義務、タブー、そして私自身の偏見を克服しなければなりませんでした。そのために、彼は最初から私に2つのタスクを与えました:私は自分自身に触れてポルノを見始めなければなりませんでした。これは、自分自身を知り、私を興奮させ、欲望を生み出し、実験したいという欲求、性交したいという欲求が何であるかを知るために不可欠でした… 真実は私が自慰行為をしたりポルノを見たりしなかったということです。はい、それは信じられないことです、私は知っています、しかし私は本当にそれのように感じなかったほど欲求不満でした、それは完全な時間の無駄のように見えました。男の子や彼氏と一緒にいたときは、何も楽しんでいなかっただけでなく、演技を始めなければならなかったのですが、実はそのようにクソするのはもう負担でした。私は特別なイライラする状況を作り出すことに興味がなかったので、私が一人で時間を過ごしたとき、私は何か他のことをすることを好みました。触ったり、いじったりすることすら考えていませんでした。私がやりたかったのは、セックスが私にとっての煩わしさから休むことだけでした。 宿題に戻ると、最初の数回は多かれ少なかれ、失敗する運命にあると感じたので、問題に直面することを余儀なくされましたが、幸いなことに、私は自分が非常に間違っていることがわかりました。 一方で、私は好きなポルノを見つけなければなりませんでした。それは私を笑わせるのではなくウォームアップさせるものでした。またはtorterilpublic。その一方で、私は自慰行為をし、自分自身に触れ、退屈したり欲求不満を感じたりすることなく自分自身を愛撫しなければなりませんでした。 この検索全体のある時点で、ボードを蹴って、私にはまったく考えられないことをすることになりました。けいれんに成功したことがなかったのなら、それは私がそれを正しく行う方法を本当に知らなかったためかもしれません…それなら、自慰行為をしている女の子のビデオを探してみませんか?おそらく、私はいくつかの「テクニック」を観察して学び、コピーし、そして-ちなみに-私自身の偏見やタブーを打ち破ることができたでしょう。裸の女性がけいれんするのを見るのは頭に浮かんだことはありませんでした-私は男性に惹かれました-しかし、公平を期すために、私はどんな種類のポルノも見ることにあまり興味がありませんでした。 それが私がしたことです。私は、ポルノスターではなく、肉体的にも私のように見える普通の女の子のビデオをクリックして、「女の子のみ」のセクションを探索し始めました。明らかに過剰反応していない、私が関係できる誰かに会いたかったのです。その中で、私はすでにたくさんの経験をしました…そしてある日、私は20代のブラジル人の女の子のビデオを見つけました。ポニーテールで結ばれた、太陽の黄金色の肌、長く輝く黒い髪。彼女はピクニックをしたり、草の上に広げられた毛布の上に横たわったり、のんびりとリラックスしたり、快適に過ごしたりするような屋外の場所に一人でいました…私が望んでいたことはすべて…すぐそこに私はそれがAである可能性があると決めました従うべき良い例。 私はブラウスとジーンズを脱いで、彼女と同じように下着にとどまりました。私は彼と同じ位置でベッドに横になり、彼のあらゆる動きを真似始めました。少女は全身に手をかざし、曲線を愛撫し、乳首に指をかけ、本当に楽しんでいるようだった。私は彼女の行動のすべてを手紙にコピーしました、彼女のジェスチャーさえも、彼女がしたのと同じくらい楽しみたいと思って、彼女を見るのは催眠術でした… 私は片手で黒いレースの胴着におっぱいを絞り、乳首をそっと絞り、圧力を解放し、数回絞り、解放しました。もう片方の手をパンティーの中に入れて、全体に触れ始めました。金星の山から外唇と内唇まで指を走らせながら、シェルをゆっくりと何度もこすりました。

打破我自己的禁忌和偏见

我与性学家的第一次会谈对我来说非常不舒服。 坐火车去办公室后,一种焦虑感在我的身体里蔓延,因为我知道只有当我愿意真正诚实和坦诚地面对我最可怕的恐惧时,面对这种治疗才有意义:向另一个人承认她已经从未有过性高潮,而且她在这件事上对很多人撒了谎……

Breaking down my own taboos and prejudices

My first sessions with the sexologist were extremely uncomfortable for me. Since the train ride to the office, a feeling of anxiety ran through my body because I knew that facing this therapy only made sense if I was willing to be really honest and...

Bio my story with sex – Tefy

My name is Tefi. I am an ordinary girl, I could be your next door neighbor, but I have a confession to make: my first orgasm was at 25 and, during the previous years, I systematically faked pleasure every time I had sex.